複数のカードローンの契約は避けて

使い道が自由なカードローンも複数の金融機関との契約は避けて

使い道が自由なカードローン

使い道は利用者の自由である点がカードローンの大きなメリットとされています。皆さんがカードローンを利用して借りたお金は、皆さんが遣いたいように遣うことができるお金なので、利用目的がハッキリと決められているわけではありません。

そのため急遽お金が必要となった場合にも対応できますし、支払いをしなければならないけれどお金が足りない・・・といった状況にもカードローンを活用することができます。カードローンは近くに設置されているATMを利用してすぐにお金を引き出すことができますから、突然の出費には非常に役立つサービスとなっているのです。

しかし、利用目的が決められていないカードローンでも、金融機関側から利用を禁止されている行為もありますので、その点はあらかじめよく理解しておくよう注意してください。

複数のカードローンの契約は避けて

金融機関側が禁止している行為としては、まず他人にお金を貸したり、他人から借りたお金を返すためにカードローンを利用する行為が挙げられます。カードローンで借りたお金を他人に譲渡する行為は契約違反となってしまいますので、絶対にやめておきましょう。そして他の金融機関で借りたお金を返すためにカードローンを利用することもまた禁止されている行為の一つです。

例としては、キャッシング会社Aのカードローンを利用して借りたお金を返済するため、新たにキャッシング会社Xでカードローンを契約し、引き出したお金でキャッシング会社Aに返済する、といったような行為ですね。契約違反となる行為ですし、既に他のキャッシング会社から借金をしている状態で新たにカードローンを契約するとなると、複数のカードローンを利用することになりますので、皆さんの借金はどんどん増えていくことになります。

借りたお金で返済、といった行為は禁止行為でもありますが、皆さん自身に大きな負担がかかる行為でもありますので、複数のカードローンを契約することは避けておくことをおすすめします。

ただ借り入れ金額が少なかったり、借金の残高が少なかったり、金銭的負担が少ないように判断された場合には、金融機関側も審査に通してしまうことがありますので、利用者である皆さんは問題なくカードローンを利用できるケースも実際にあります。

しかし、ここでカードローンの複数利用を始めてしまうと、カードローンを利用してお金を借りることに慣れてしまう恐れがあり大変危険です。借金を返済するために借金をする、といった行為を当然のように感じてしまうことになりますから、もし複数のカードローンを利用できる状態であっても、一社との契約のみにしておくようにしましょう。

お金を借りることに対する意識

このようにカードローンは利用目的が自由でとても便利なサービスではありますが、且つ近年では申込み方法や借り入れ方法もより簡素化されてきているため、利用者のお金を借りることに対する意識が薄れてきている傾向が強く見られています。これからカードローンの利用を考えている皆さんは、今一度お金を借りることに対しての意識をよく見つめ直し、本当に必要な金額だけを借りるよう注意しておいてください。

消費者金融の「モビット」でもカードローンを利用することができますが、モビットでは無理な借り入れは行なわないよう利用者に対して注意を呼びかけています。利用者である皆さんは金融機関側の注意もしっかり聞き入れ、計画的にカードローンを利用するよう心がけていきましょう。