自宅の介護はモビットなどが必須になる

自宅で介護をするとどうしてもお金がないのでモビットを使う現実

鹿児島県在住 T.Rさん(41歳)
多分、日本のすべての家族が思っていることだと思いますが、介護というのはすごく悩ましい問題だと思います。介護員さんが専属で付いてくれたら別でいいのですが、そうなったらかなりの給料を出さないと行けません。お金持ちだけしかできないでしょう。

となるとどうしても自分たちで介護をしなければならない、という結論に至ると思うのですが、これがなかなか大変です。私も介護をしているのですが、どうしても仕事と両立させるのが難しく、その間は介護保険を利用しています。

朝と夜はいいのですが、夕方となったら絶対に介護員さんがいないとどうしようもありません。しかも何かあったら仕事を抜け出さないといけないので、給料も満額もらえるということがほとんどなくなりました。アルバイトの人は更に厳しいでしょう。

そのおかげで今はモビットも使っています。モビットなどのカードローンなら、介護のためにお金を使うことできますし、少し減った給料補填にも使えます。いつまでもモビットなどのカードローンを使うわけにも行かないのですが…

そこで今考えているのが、自宅で出来る仕事をしようと思っていることです。自宅で出来る仕事だったら、きっと親の介護も一緒にできると思いますし、介護員の方ともコミュニケーションを円滑に取れるので、万が一の虐待なども防止できます。

今は会社と在宅の仕方によって話し合っていますが、うまく行って欲しいと思います。なかなか在宅で仕事できる人も少ないですが、私はある意味恵まれていると思います。営業なんてやっていたら、絶対に介護できないですからね。

親も申し訳なく思っているようですけど、私からしたら気にしなくていいと思います。なぜならここまで育ててくれたのですから、最期にそれくらいしないとバチが当たります。私は仕事と両立できればそれでいいのです、介護が苦しいとは思いません。

最も元気でいてくれたら、最後まで一緒にいてあげたいと思っています。妻もそのつもりでいますし、私が中にいたら安心してパートに行けるでしょうから。モビットに頼れる間に何とかしたいですね。