消費者金融と消費者金融の比較

どっちいいの?消費者金融とキャッシングの違い

消費者金融の違いを知って賢くお金を借りましょう

近年ではインターネットを通して申込み手続きもできるようになったため、より簡単にお金を借りられるようになったカードローンですが、カードローンを利用するためにはまず審査を受けなければなりません。さらにその審査基準は金融機関によって異なっていますので、皆さんが金融機関側の基準に満たないような場合は審査に通ることができないケースもあります。

一般的にカードローンの審査は無職である場合、収入が不安定である場合、高額の借金を抱えている場合などは審査に通ることが難しく、反対に職業に就いて安定した収入を得ている場合、借金を抱えていない場合は審査基準をクリアしているため、他に余程の問題がなければ審査に通ることが可能です。

しかし、同じタイプの金融機関でもそれぞれ基準に差が見られることもあるので、皆さんは金融機関を選ぶことが大切です。ここではでは、どちらがいいのでしょうか?

審査基準には大きな違いが

消費者金融は、同様に消費者金融会社として経営されているキャッシング会社ですが、消費者金融の場合は銀行と消費者金融が提携して経営を行なっている点にの違いがあります。「モビット」もこの消費者金融の一つで、カードローンによるキャッシングサービスを提供しています。

では、モビットのような消費者金融の審査基準と、通常の消費者金融の審査基準にはどのような差があるのでしょうか?消費者金融は銀行と消費者金融の中間にあたるサービス内容であることが特徴的であるため、銀行と消費者金融どちらのメリットもデメリットも併せ持っている金融機関となっています。

インターネットからのWEB申込で審査~借入まで全て行えてしまえますし、スマートフォンから利用も全く問題ない点も今の時代にマッチしていて便利です。こういった点でモビットの審査はとても便利に進化・サービス充実化していっていると言えます。

金利設定にも目を向けてみて

しかし、カードローンを利用する際には審査の面にだけに注目すれば良いわけではありません。カードローンの利用には、各金融機関ごとに「金利」という手数料のパーセンテージが決められていますが、この金利の面で見てみると消費者金融の方が低金利でお金を借りることができるようになっています。消費者金融は、全体的に高金利でお金を貸しているので利息が膨らみやすく、借り入れ金額によっては総返済額が高額になってしまうことも考えられます。

反対に消費者金融は、消費者金融ではあるものの比較的低金利でカードローンを利用できることが特徴的です。モビットも低金利のカードローンサービスを提供していることで人気が高いので、少しでも利息を膨らみにくくしたい場合はモビットのカードローンを利用してみてはいかがでしょうか?またモビット以外のカードローンを利用する場合にも、このように審査や金利の面で金融機関の特徴をしっかり比較しておくことをおすすめします。